スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクにETC付けてみた

取り付け工賃取られるのが嫌でninja250rから取ったETCをKLXにつけたいと思います。

IMG_0681.jpg

まず電源DC12Vを探します。ナンバー灯がイグニッションON時12Vが取れます。
最初ブレーキランプから取ろうと思ってましたがテスターで図るとブレーキ握った時しか電圧かかりませんでした。
常時点いてると思ってましたが違いました。計測してよかった

IMG_0688.jpg

サービスマニュアルの配線図を見るとどれが何の配線なのか、とても分かり易いです。

IMG_0682.jpg
この画像でいうと黄と黒の配線がナンバー灯の配線です。

電源を取るためにエーモンのY型キボシ端子を使ってキボシ加工します。
もっとスマートなやり方があると思うけどわからんかった。
中腰での加工、堪えました。

ニンジャから取ったETCもキボシして取り付けます。
ただここに来て困ったことが発生。
シート下にETC本体を置くスペースがない
全くない。欠片もない。いや、欠片はある。ただ物は置けない。
この段階でオフ車は別体型が取り付けられない、とかいう記事を思い出しました。
シート下は無理です。ただここで意外なスペースを見つけました。

IMG_0683.jpg

左サイドカバーの内側。
まさかこんなところにスペースが隠されているとは!
しかもいい感じに収まりそうです!
多少強引にビニルテープでフレームに固定して・・・OK!
ただ間に何か緩衝材が欲しいところです。
今度ゴムのシートでも敷きましょう。

IMG_0687.jpg

ハンドルにアンテナ部を付けて(オフ車だからか切れ角がかなり有り、コードには少し余裕を持たせました)
イグニッションONで通電!エラー表示なし!ナンバー灯も異常なしです!
ま、これで高速も乗れるでしょ。

しかし、行き当たりばったりだがうまくいったようで良かったよ。
スポンサーサイト

仕事をやめると言ったなあれはうそだ

なんか1月ぐらいに仕事やめると言ったけど嘘になりました。

上司の説得や理解もあり、今年度でやめようと思ってたんですけど、4月からも続けることになりました。

転職活動してた時に思ったんだけど、雇われるって馬鹿馬鹿しいよなぁ。
違う会社入ったら今までのもの全部パァだし、年収も何十万って単位で減るし、面接じゃ嫌な事根掘り葉掘り聞かれるし、入れて昇給しても月何千円って単位だし、いくらがんばっても自分の為にはならないし。

愚痴になっちゃったごめんなさい。

自分と同じ年代の人でも起業して、どんどん成長していってると思うと鬱になっちゃうんだよなぁ。

って言う事で、行政書士になって開業したいと思うんだがどうだろうか。
もちろん家族や親戚からは慎重な意見でしたよ。

ウインカー換えた

今回は、今回というか1年半ぐらい前なんだけど、ウインカー換えました。

SEC エアロフラッシュ タイプB とかいうやつ

2012-10-04 16.00.02
まずこのウインカーの配線を~

2012-10-04 16.00.29
切る

2012-10-04 15.44.14
でぇ~、たしかウインカーの方の配線はすでに加工がされてたから良しとして、本体側の配線をキボシ加工します。

キボシ加工?は?何語?という方は検索してください。
要は、配線の被覆を剥いて接続用の端子を圧着させる事です。

キボシ端子のかしめ方 あ、ここ見て

ターミナルセット これオススメの工具。1400円ぐらいでいろいろ使える。お店の人もオススメしてた。

要注意なのは、端子圧着する前に、保護用のカバー配線に通すの忘れないようにね。あとは、このウインカーで言えば
2012-10-04 16.20.29
前後ろがあるんだよね。これ取り付けた後気づいた幸い正しく付いてたから良かったけど

キボシ加工しとけば取り外しも簡単で楽だよ。今回の作業は、インターネットで検索とかしとけば素人でもできると思う。私は、電気工事士の知識があったから割とすんなり入ったけど。

2012-10-04 16.31.17
あとは接続部分を絶縁テープでぐるぐる巻いていけばいいのかなぁ。私はそうした。

2012-10-04 17.16.36
完成はこんな感じ。値段も純正品とそんなに変わらないと思うし、いいんじゃない?作業も割と簡単だし、一回やってしまえば交換の作業自体よりも、カウルはずすのが面倒になるよ。
このウインカーはうまく貼ればカウルの穴をふさげるよ。まぁちょっとくらい隙間あっても気づかないよ。私も気付かないもん。



なんだろうこの記事全体に渡ってのやる気の感じない文章。最後の画像は下向いてるし直す気力も湧かん。
なんか、やる気のない記事ですけども、今後ともよろしくお願いいたします。

タイヤTT900GPに替えてみた

純正タイヤIRCのRX-01からDUNLOPのハイグリップタイヤTT900GPに替えてみました。
純正で9000km走って替えました。


2013-01-07 11.10.11


2013-01-07 11.10.24

まったく別物でした。
純正では、いつ滑るかとビクビクしながら運転してましたが、このタイヤは皮むきしなくても純正よりよっぽどグリップします。というか小石の吸着率が凄い、コロコロみたい。

私の感想
・純正
硬い。硬い硬い硬い。とにかく硬い。
ハァハァ言うくらいタイヤ暖めてようやくグリップしだしたかな?という感じ。硬いけど。
雨の日は、タイヤに膜が張ってあるんじゃ?という感じ。白線でも滑りを感じる。
一度霙(みぞれ)が降ってる日に走ったけど、あの時は、閉口したなぁ。
走っていて、タイヤからの情報が何も伝わってこない。タイヤから無視されてる感じ。

・TT900GP
純正と比べると、豆腐。
純正で感じていた恐さがない。同じ事してるのに無駄にハラハラしてたのがわかった。
良く止まってくれる。
タイヤが、ここは危ないよ、ここはグリップできるよ、と話しかけてくれる、気がする。

人から寿命5000kmくらいらしい・・・と話を聞いていたが頷ける気がする。
ただ、走っていて楽しい。
ツナギあるし、暖かくなったらツナギ着て峠行ってみようかな。

最近の低排気量はニンジャと同じIRCのタイヤが付いてるみたいだけど、メーカーには考え方を改めて欲しいなぁ。
経費削減低価格のしわ寄せがタイヤにもいってるんだと思うけど、もはや危険を感じるレベル。
何より純正タイヤがバイク本来の楽しさを削いでいる気がするので。

イキナリ純正からハイグリップに替えたから、余計にそう感じるってこともあるんだろうけど、タイヤはケチったらダメだなぁと勉強になりました。

仕事やめたった

2年半という短い間ですが勤めていた会社やめてやったwww

まぁ、職業訓練校出て入れた会社で、一応大手の子会社で社会人として初めて入った会社だったんだけど、私には合わないところがあり、一年くらいずっと悩んでましたが、やめました。
正確には上司にやめます、ってメール送っただけですけど。

私がいなくなっても普通に会社は回っていくし、友達と数回メールで相談して即実行したので本当にきっかけさえあればいつでもやめられる状態だったんでしょう。ていうかそうでした、きっかけ待ちです。

石の上にも3年、3年はやろうと思ってましたが、やる気を失った状態でだらだら続けてもつらいし、事故をおこしてしまっては他の人に申し訳ないし。

ぶっちゃけ入って半年ぐらいで悩み始め、契約社員から正社員にしてもらった時もあんまりうれしくなかったし(オイオイ)

親からは大反対で今も賛成してもらってないけど、もういいやw

転職活動少しだけしたけどなかなか受からん。当たり前だけど。ていうか最近求人表みてもやる気が沸いてこない。
すこし時間が必要だよ。

季節がよければバイクで旅にでも出てやろうかと思ったけど、今寒いもんなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。