スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションポーズ、その後・・・

あるアクションシーン撮影が終わった日の午後・・・・・・。

「?なんだかアーリヤがぐらぐらするな・・・・・・?」

ぐらぐら、ポロ

IMG_1241.jpg
IMG_1239.jpg

「・・・・・・・」

IMG_1242.jpg

「・・・・・・・・・・・」

IMG_1243.jpg

ありえないだろふざけんなアーリヤ君キミにはまだまだ活躍してもらわなくちゃいけないんだまだ何も始まってないじゃないかまだ何も終わってないじゃないかキミはまだまだ居てくれないと困るだろ今消えるなんて早すぎるだろなんとかがんばれがんばれがんばれがんば・・・・・・・・・・・。

IMG_1244.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

腰を痛めた・・。ただそれだけの話だ・・。接着したから腰の動きは失われたが・・・・。

「まだ動ける!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きっと。
スポンサーサイト

Action1

さぁ、今回はコメントも貰えたしアクションポーズを撮りたいと思います

IMG_1237.jpg

IMG_1236.jpg
アーリヤ起動。

IMG_1218.jpg

IMG_1225.jpg
ダブルトリガー。両手撃ちの事です。射程には絶対には入るな!

IMG_1229.jpg

IMG_1223.jpg
OGOTO展開。
地上でキャノン系の武器を使う時にはその反動に耐えるため構えをとる必要があります。
IMG_1226.jpg
天を向くOGOTO、何を討つ?
IMG_1227.jpg
OGOTO砲撃!!

IMG_1209.jpg
戦いは空中戦へ。
IMG_1217.jpg

IMG_1234.jpg
IMG_1230.jpg
IMG_1212.jpg
空中なら構えをとる必要はありません。威圧・・・・・・・、どこに逃げる?


Fin

鏡面塗装について

今回は鏡面塗装について私なりに学べた事があったので紹介したいと思います。

その前に鏡面塗装(鏡面仕上げなんて言いますね)というものについてご説明しますと

『まるで鏡のように光沢が出る、美しい仕上げのことを言います』

だそうです車とか塗装面がピカピカで覘くと顔が反射して映りますよね、あんな感じの仕上げ方をいいます。

IMG_1198.jpg
肩の部分です。

IMG_1206.jpg
おけーつのところ。
見づらいかもしれませんが私のプラモだとこれらの写真なんかがうまく鏡面にできました

私が行ったやり方としては、

1、Mr.カラーのクリアーを厚く2,3回吹きつけました。
2、できたクリアー層を1500番のサンドペーパーである程度水研ぎしました。
3、その上からまたMr.カラーのクリアーを厚く2,3回吹きつけました。
4、そして2000番のサンドペーパーである程度水研ぎしました。
5、その上からコンパウンド細目を使い、
6、コンパウンド仕上げ目を使ってFINISH!!

鏡面にするに従って使ったコンパウンドはコレ
IMG_1172.jpg
前に紹介したタミヤコンパウンドです。

とまぁここまでが大まかな鏡面の紹介です

そして今回の塗装の経験から考えた反省や改善点を紹介したいと思います。

1、ペーパーがけについて
2、クリアーについて
3、コンパウンドについて

1、ペーパーがけについて
今回私はクリアーを吹いた後ペーパーを掛けましたが、塗装する前、素のままのパーツの時にペーパーを前もって掛けておくと仕上がりがグンと良くなりました。実際、合わせ目消しをしたところはペーパーをかけたので他と仕上がりが異なりました。写真の肩のところも合わせ目があったところです。

2、クリアーについて
今回はMr.カラーを使いましたがNOMO研によるとボデーペンクリアーがオススメらしいのです。
IMG_1205.jpg
私知ってたんですが、なんかこれ使っても大丈夫かな?溶けたりしないかな?とか考えて買いませんでした。今思えば普通に質問したり、試し吹きしてみればいいだけの話なんですが・・・・・・・・・・・なんとなく使いませんでした!!でもNOMO研によるとクリアーに硬さがあるらしいので次使えたらぜひ使ってみたいです。

IMG_1204kkkk.jpg
これは背中にあたる部分なんですが、クリアーが薄かったのかペーパーを掛けていると少し塗装が剥げてしまいました悲しいいいいいいぃぃぃぃい。それに十分に鏡面になっていませんし。クリアー層は大切という事ですね・・・・。

3、コンパウンドについて
今回使ったコンパウンドなんですが、細目の方は使うと結構違いがでたんですが、仕上げ目の方は確かにこれがないと鏡面にはならないんですが細目からすると少し効果が薄いように感じました。単に仕上げ目の効果が薄めなのか、ここからまた磨いてという事なのかわかりませんが・・・・・・・・。
なんでこう疑うのかというと、
買った時安かったから!!です。
細目の方はいいと思うんですが、仕上げ目の方は今度はちょっと高い物に替えようと思います。

『改善点まとめ』
・素のままの状態の時からペーパーを掛けておく(オススメ!)
・クリアーはボデーペンを使ってみる(使えるかどうかわかりませんが)。
・コンパウンド仕上げ目を変えてみる。
                         以上!

※ここで紹介した改善方は私の主観ですので実際には違うかもしれません。実際に塗装する時は他者様のサイトなども参考にするといいと思います。ペーパーで磨く時下地まで削ってしまう事もあるのでやる時はよく調べてからするといいと思います。











・・・・・・・・・・・・・・ふぅ疲れたやっと書けたよ。私はアーリアを鏡面するにあたって大体1日2時間で1週間くらいかかりました。実際最初しようと思った時どうなるかと思いましたよ。というか塗装も終わってクリアー吹いて、もう鏡面にしなくてもいいんじゃないかという誘惑に打ち勝つのに大変でしたよ!だってだってめんどいし大変そうじゃないカーーーーーーーーーーーーーーー!!!まぁでもやってみたら結構簡単にできましたよー。もっと鏡面って敷居が高いものと思っておりましたよー。でもやってる時は長かったけどさあああああああああでも疲れたな。まなってないところもあるけどやってみてよかったと思うよう。あはははははははっはははっははha------------------------。あへあへああああがががあがぎぎぎぎぎいぎ。おわり

二輪教習 2-2

今回は二輪バイクの危なさ?を学びました。

先生の車に乗り、車から見た二輪がどんなもんか教えられました。バイクは加速が強い、ということや正面からみた時の遠近感の差など、車と二輪の違いを学びました。

あとこの時なぜか一緒に教習を受けたS君とこれからいっしょに受講する事になりました。よろしく!

本体解説

はい!今回は機体本体について解説したいと思います。今回の写真はキットのパッケージの写真ですがご容赦ください。私自身の機体とは塗装が違います。

IMG_1178.jpg
頭部、レイレナード、03-AALIYA/H。
・ACについて
アーリヤは軽量でPAに優れた設計です、この頭部もそうです。軽量で薄く、PAでカバーする。
・キットについて
アーマードコア4のオープニングにでてきますが、独特の複眼をしているのが特徴です。ただしキットでは再現されていません。
合わせ目は後ろにちーーちゃくありますが組み立てれば目立たないので実質合わせ目はありません(私の主観ですが)。優秀な組み分けです。ただアンテナがとっても細くてちっちゃいので、紛失や破損に気をつけてください。実際私はACキットを作るとき一回はパーツがどこかにいきますそれに今回のアーリヤのアンテナもいつのまにか折れてしまいました一体いつ折れたんだろう?

IMG_1179.jpg
胸部、レイレナード、03-AALIYA/C。
・ACについて
頭部同様です。
・キットについて
OB時の展開ができます。
合わせ目は上下で合わせるのでそこでできます。ただ組み分けが良く、塗装する時マスキングせずできました。この部分だけ見るとF1マシンみたいですねとても速そうです。そしてとてもカッコイイです

IMG_1182.jpg
腕部、レイレナード、03-AALIYA/A。
・ACについて
頭部同様ですが、攻撃面での性能に優れた設計になっています。
・キットについて
肩の部分、一番目立つであろう所に合わせ目があります。ので肩の色分けで少し苦労しました。マスキングしたのはこの部分だけです。それ以外に合わせ目らしい所はありません。優秀な組み分け。肩以外塗装はし易いと思います。

IMG_1183.jpg
脚部、レイレナード、03-AALIYA/L。
・ACについて
頭部同様です。エネルギーの負荷が高くなっています。
・キットについて
合わせ目は脚の上部に、それと下部の裏側に少しあります。足(靴の部分)の裏側にも。
優秀な組み分け、マスキングもしませんでした。塗装はし易いです。
アーリヤを印象付けるような細くて、刺々しいパーツ。う、美しい・・・

ふぅ、これで機体紹介も終わったかな?
スタイリッシュアーリヤ、皆さんもぜひ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。